こんな人はネイティブイングリッシュは不要です

基礎的な英会話がすでにできる人

 

ネイティブイングリッシュで学習するのは、初心者がまず始めに覚えるべき基礎的な英会話です。

 

あいさつや自己紹介など英会話を学ぶのならまずはこれからというものばかりです。

 

たしかにこれらは重要なのですが、これが上級者となれば話が変わってきます。

 

英語の上級者であれば、すでに基礎的な英会話表現は知っているため、初心者と比べてネイティブイングリッシュから学べることは少なくなります。

 

そのため、英語の上級者にはネイティブイングリッシュは適さないというのが私が感じたことです。

 

 

文法など知識中心の英語の勉強がしたい人

 

ネイティブイングリッシュで学ぶのは、実践的なスピーキングとリスニングです。

 

英会話フレーズを暗記し、それを口ずさむことによって体に覚えさせ英語を話せるようになるという学習理論をしています。

 

たしかにこれは英語学習理論的に王道で、正しい方法です。

 

このように暗記によって文法などの知識中心の勉強をすることなく、初心者でも英語が話せるようになるという方法をしているため、文法など知識中心の勉強をしたい人にネイティブイングリッシュは合いません。

 

文法知識など学問的なスキルを求める人は、書店で売られている文法書などの方が役に立ちます。

 

やはり、スピーキングやリスニングなどの実践的なスキルと、文法などの学問的なスキルを同時に学ぶことは難しいというのが私がいつも感じていることです。

 

どちらを先に学ぶべきかは、ご自身が英語を学ぶ目的によって変わってきます。

 

受験や英検などの資格試験を目指す人は文法などの学問的なスキルが求められます。

 

それに対し、外国人と英語で会話をしたい、海外旅行に行きたいという人にはスピーキングやリスニングなどの実践的なスキルが必要です。

 

ネイティブイングリッシュで身につくのはスピーキングやリスニングなどの実践的なスキルのみです。

 

 

ただ英語を聞くだけの学習がしたい人

 

ネイティブイングリッシュは「聞くだけ学習法」ですが、これはただ英語を聞くだけの学習法ではありません。

 

「ただ英語を聞くだけで英語が話せるようになる」という教材かと勘違いしている人が多くいるようですが、ネイティブイングリッシュはそれらの内容とは大きく異なります。

 

最大の違いは、ネイティブイングリッシュには英語を話す練習があることです。

 

ネイティブイングリッシュは聞くだけで学習できる教材ですが、聞きながら英語を話す練習がメインになっています。

 

そのためBGMのようにただ英語を聞いていたいという人がネイティブイングリッシュを使うと「ちょっと違う」と感じることになるはずです。

 

たしかに楽なのは英語をただ聞くだけの学習です。

 

しかし、これには効果があまりありません。

 

分かりやすい例え話ですが、サッカーがうまくなりたいのなら、サッカーをただ見るだけの練習よりも実際にサッカーをした方がうまくなることと同じです。

 

英語をただ聞くだけでは話せるようになることはなく、英語は実際に話す練習でしか身につきません。

 

スピーキングよりもリスニングへの効果を重視し、英語が話せるようになるかどうかよりもBGMのように英語を聞いていたい人にとってただ英語を聞くだけの教材は最適です。

 

ですが、英語が話せるようになりたい人にはネイティブイングリッシュのような話す練習ができる教材が必要です。

 

ネイティブイングリッシュの口コミ評判へ

 

画像-ネイティブイングリッシュ02